ゲーム

Nintendo Switchをドックなしでテレビに接続する方法!熱による故障を未然に防ぐ!

Nintendo SwitchをTVモードで遊ぶとき、普通は付属のドックにスイッチ本体を挿してテレビ(外部モニター)と接続しますよね?
でもこれ少し問題があると言われているのことを皆さんはご存じでしたか?
この記事ではその問題点と解決策について書いていこうと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

なぜドックを使わないのか

そもそも「ドック」って何?

Nintendo Switchドックセット
引用元:https://store-jp.nintendo.com/list/hardware-accessory/dock-battery/HAC_A_CASAA.html

ドックというのは、Nintendo SwitchをTVモードで遊ぶ際、スイッチ本体とテレビ(外部モニター)とを接続するのに使用するもののことです。
ドックはスイッチ本体を挟み込むような形状をしており、充電ケーブルやUSBコントローラーの接続ができるような仕組みになっています。

ドックのいいところ

1. Nintendo Switch本体に付属してくる

任天堂純正のドックは本体に付属してくるため、追加でお金をかけることなくTVモードを楽しめるというのが一つ目の利点!
ただ、後から紹介する方法で使うアイテムも安価に入手できるので、それほどの差はないかもしれません……(^^;

2. デザインが豊富

個人的には1より2のほうがドックを使うメリットとしては大きいです。
任天堂の様々な作品の柄がプリントされたドックが販売されているので、自分の好きな作品のデザインが販売されている場合には、一考の余地があるかもしれませんね。
ドックはまぁまぁサイズが大きく、持ち運びには不向きというデメリットがありますが、逆に大きいからこそデザインが映えるというメリットもあります!

ドックを使うことで起こる問題

1. 熱がこもる

電化製品全般に言えることですが、本体の温度が上昇して機器が熱ダメージで壊れてしまうということがよくあります。
調べてみるとスイッチでも実際に熱による不具合は報告されているようです。
スイッチでは、本体温度が上昇すると警告メッセージが出るという仕組みがあるのですが、これによってゲームをしている最中にも関わらず強制的にスリープモードになったりするということもあるようです。
一人で遊んでいるときならともかく、友人と遊んでいるときや対人戦をしているときにこれは困りますよね……笑

2. カバーを付けているとドックに差し込めない

僕は普段、スマホのような感じで、スイッチにもハードカバーを付けているのですが、そうすると本体の厚みが増して、ドックの下まで上手く差し込めないという問題が起こりました。
少し押し込めばギリギリ入らなくもないので最初は少し無理をして使っていましたが、抜き差しするたびにカバーが傷つくのと、上記の「熱がこもる」問題が特に顕著に出るのでやめました(^^;

ドックなしでテレビに接続する方法

使用するアイテム

使用するのはこのアダプタただ1つ!

スイッチに特化したものではなく、Macbookをはじめとする、type-CポートのついたPCでも使用することが可能な、汎用性の高い商品です!
これがあれば、type-CポートをUSB(A)ポートに変換したり、PC画面をモニターに映し出すことが可能になります。
USBポートも2つ付いているのが魅力的です!

使用方法

使い方は超簡単!

  • Type-C端子をNintendo Switchに接続
  • HDMIでテレビ(外部モニター)と接続
  • USBポートにコントローラーを接続(ジョイコン以外を使う場合のみ)

言葉で書くと難しそうに見えますが、実際にドックを使って普段行っている操作と全く変わらないのでご安心ください(^^)

このアイテムを使えば他にもこんなことができるように!

これともう一つ別のアイテムを組み合わせて使うことで、PS4やPS5, Xboxといった他のメーカーのゲームコントローラーをスイッチに接続して使用することができるようになるんです!!
詳細はこちら↓をご覧ください(^^)

Nintendo SwitchでPS4 / PS5のコントローラーを使う方法

続きを見る

他の問題解決法

他社製のドックを使用する

Nintendo Switchに対応したドックは任天堂以外からも発売されており、独自の機能が付加されたものも存在して非常に面白いです。
これらを使用するというのも一つの手だと思いますよ!
(ただ個人的には、上記のアイテムが一番汎用性が高くて使い勝手がいいと思っていますw)

Ninjacon

コンパクトなボディーで持ち運びにも便利な上、純正品と同じく1080Pの画面解像度を実現した優れもの!

KDWUWA

この商品の強みは以下の2点!
本体を冷却するファンがついている
TVモード、テーブルモードの両方で使用できる

YOBWIN-DOCK

これは上に挙げた冷却ファン、モード切替可能な点に加え、角度調節が可能だという点において、テーブルモードでの使用がより便利になるモデルと言えます。

SiciMux

こちらは僕のオススメした商品とほぼ同じなのですが、横に広いタイプ!
USBポートは1つしかありませんが、デザインはスイッチに特化しており、ディスプレイしたときの相性は良さそうです。

KIWI design

こちらは直接コンセントに差して使用できるタイプのドック(?)です。
急速充電にも対応しているので、充電器としての使い勝手も良さそうですね(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
スイッチ本体が抱える問題点を考慮した上で、自分のプレイスタイルに合わせたアイテムを選択することで、より快適なゲームライフを楽しんでもらえたら嬉しいです!!

  • この記事を書いた人

OKON

YouTubeに歌やモンハンの動画を投稿中。また別チャンネルにてガチャガチャ紹介の動画も投稿している。"楽しい"と感じたことを記録するため、このブログを設立した。YouTubeのチャンネル登録もよろしくね。

-ゲーム
-